MENU

接客業のバイトは楽しい!

男性ですが数年前の20代中盤のころ、年末年始に鎌倉の漬物屋さんで短期のアルバイトをしました。

 

その漬物屋さんはフリーペーパーで短期アルバイトの募集をかけていたのですが、なかなかよい人が決まらず年の瀬も迫ってきてしまったそうです。私は前職でその漬物屋さんと顔見知りだったため「もし時間があるならば」という連絡を受け、頼まれる形で短期のアルバイトを受けました。

 

私が短期アルバイトをしていた場所は鶴岡八幡宮の近所だったため、年末年始は参拝客がごった返す、そんな場所でした。一年で一番忙しいこの時期だけ、販売員の手を増やしたいというのがお店側の考えるところだったそうです。

 

仕事の内容はとても簡単です。一言で言えば「店番」というやつです。お客さんに試食を出し、商品をすすめ、レジ打ちをするという感じです。

 

アルバイト代は後日、手渡しという形をとってもらいました。銀行振込も選べたのですが、私はそうしませんでした。というのも、お世話になったお店に後日改めて、お礼も兼ねて足を運びたいなと思ったからです。

 

このアルバイトのメリットはやはり時間給が良いこと、それにつきます。短期の上、どうしても人が決まらなかったアルバイトのため、フリーペーパーの募集時に掲載されていた金額よりも高い時給で雇ってもらうことができました。

 

逆にデメリットは、寒さ。これに尽きます。漬物屋さんというのはとにかく寒い場所です。レジの足もとにヒーターはありますが、店内は漬物を扱っているため暖房が使えません。その上、陳列なども冷ケースに手を入れ、冷たい漬物を触り続けるのです。

 

おまけに開店前と閉店後にはお店の前に水をまき、掃除もシャッターを水拭きしたりと、冷水を一日中さわっているのです。年末年始の冷えこむ時期なので、これが本当に大変でした。

 

ですが、年末年始で街の人々が休んでいる時に働くというのも、なかなかいいものです。接客業はお客さんとの会話も楽しめます。季節がら浮ついた雰囲気が街にも人にもありますので、仕事をしながらもお客さんとのフレンドリーな会話が楽しめ、とても心が充実します。

 

新年から笑顔で毎日、店番をすると気持ちがいいものですので、接客業がお好きな方は、こういった観光地での年末年始の接客業をしてみるのもいいかもしれません。

 

接客が好きな方向けの求人はコチラ